乾燥肌の原因と対策

一番大きな悩みは潤いがなくなること

乾燥肌

年齢とともにどうしてもお肌の機能も低下していくため、様々なトラブルを引き起こすようになります。


中でももっとも多くの方が悩まされているのが乾燥肌ではないでしょうか?私たちの皮膚というのはしっかりと水分と油分のバランスが保てているときが、正常でトラブルの起きにくい状態なのです。


そのため、肌が乾燥してしまうと乾燥肌という症状だけでなく、ニキビや敏感肌などの様々なトラブルの原因になってしまう可能性もあるのです。


だから、肌トラブルが乾燥だけで済んでいるうちにしっかりとケアをして、トラブルの目を摘むことが大切です。


そのためにも、乾燥肌の原因は何か?どのような対策をしたらいいのか?といったところをしっかりと理解していきましょう。


乾燥肌になってしまう原因は?

理由

乾燥肌の主な原因として、スキンケアが正しく行なわれていないこと、食事や睡眠などの生活習慣の乱れ、そして紫外線によるダメージによる皮膚機能の低下が挙げられます。


肌の水分を保持する役割の大部分を占めているのが、「細胞間脂質」で、これは細胞間の隙間を埋めて、水分が出てしまったり刺激物が侵入してくるのを防ぐので、肌としては大切なプロテクターです。


この細胞間脂質は、角質層で起きるターンオーバーの際に角質層に放出される脂質で、正常なターンオーバーが行われなければ量が減少してしまいます。


肌の表面は皮脂膜に覆われていますが、この皮脂膜はそれほど水分放出を防ぐことができません。


乾燥肌の方によくあるパターンが、表面は脂っぽいのに、肌の水分量を計測すると水分量が大変少ないことです。


これは、皮膚を表面から覆うものだけでは乾燥を防げない証拠です。


このケースは、普段のスキンケアを正しくできていない方や、紫外線をよく浴びる方によく見られます。


絶えず行なわれている皮膚のターンオーバーによる古い角質が肌に多く残ったまま保湿剤をつけてしまったり、紫外線によって皮膚機能が落ちて水分を保持する機能が低下している状態のまま、単に保湿剤をつけるだけにしてしまうと、乾燥肌はいつまでも改善されないはずです。


また、生活面では、食事や睡眠などが乱れると、皮膚細胞の活力が落ちて、水分を保持する機能も落ちやすくなります。


長風呂も外からの水分で細胞がふやけてしまい、細胞と細胞の間に隙間を作り、そこから水分を失いやすくなります。


このように、スキンケアや外的刺激が原因であることが主ですが、甲状腺の機能障害による新陳代謝の異常で、皮膚のバリア機能が低下して乾燥肌を引き起こす場合もあります。


このように、皮膚の水分保持は、皮膚だけではなく身体の健康状態にも因ります。


乾燥肌の対策として実施するべきこと

対策

乾燥肌対策には水分を保持する機能の低下した肌を正常に戻すことが必要です。


まず肌表面につけるスキンケア製品も大事なのですが、外からのケアが大切なのと同様に、中からのケアも大事になってきます。


そのためにはお水を毎日2リットルほど飲むことが必要です。


コーヒーや緑茶などにはカフェインが含まれるため利尿作用が働き、摂取した分は体から出て行ってしまうため、必ずお水で水分補給します。


最初のうちはお水を取る習慣がない人ほど、飲むのが大変だと感じるかもしれませんが少しずつでも飲む量、回数を増やしていくことが大事になります。


夏だと汗をかくため、肌表面はすこし湿った感じになりますが、汗をかいた分は体からなくなってしまった水分です。


こまめに水分補給してください。


また冬だと冷たいお水を飲むのは少し気が引けるかもしれません。


そんなときは少し温めたぬるま湯を飲むといいです。


水分を取ることによって失われていた肌の水分量も戻ってきます。


すぐには結果は出ませんので継続して行いましょう。


またただのお水だと飽きてしまうという場合は、レモンなどの柑橘系の果物をスライスしてボトルに入れておくと、風味のあるお水になります。


柑橘系の果物には毒素排出の効果もあります。


ただ果物を入れたお水をとる場合はとりすぎに注意しましょう。


体質によってはお通じが良くなりすぎることがあります。


中からのケアは毎日のお水2リットル!次に外からのケアとして、スキンケアです。


高いスキンケア商品を使うよりは、自分の肌にあう保湿効果が高いものを選んでください。


乾燥が激しい場合は、朝晩の洗顔時に加え、日中もミストなどを携帯するようにし、すこしでも肌が乾燥している感じがあれば追加でミストをしようすると良いです。


内側から外側のからのケア両方やってこその乾燥対策です。


体全体の水分量をまず増やすようにしましょう。


乾燥肌を治したい!原因を理解して正しい対策を実施しましょう!関連ページ

くすみ
肌にくすみがあると、どうしても若々しさが無くなってしまうものです。そのため、できることならいつまでも透明感のある肌を保ちたいですよね。そこで、くすみ原因やくすみを改善するための対策方法を紹介したいと思います。
肌のキメが粗い
年齢を重ねると肌にツヤが無くなったように見えてきますが、これはいわゆる肌のキメが粗くなってきたからです。キメの整った若々しい綺麗な肌になるためにも必要な改善を実施していく必要があるのです。
ハリが無い
老化による肌の変化として代表的なものの1つに肌のハリが無くなるということがあります。年齢を重ねると筋力が衰えるのでたるんでしまうのも仕方が無いと思いがちですが、実は筋力以外も原因があるので十分に改善できる可能性があるのです。