肌のハリが無い原因とハリを取り戻すために必要なこと

ハリが無い(たるんでいる)顔は大きな損失

ハリが無い

若い頃のお肌って何となく全体的にハリがあって、重力にも負けないようなピチピチとした感じがありますよね。


そのため、顔の表情もイキイキして見えるし、笑顔もさわやかで可愛らしく見えるものです。


それが30代以降になると徐々に肌に張りが無くなり、顔全体が下がってくるようなたるみを帯びてきます。


そうなると、何となく期限が悪いような表情に見えたり、不幸せのように見えてしまったりするので、肌にハリが無いだけでもすごく損なのです。


だからこそ、いつまでもハリのあるお肌をま持つことはとても重要です。


そこで、ハリの主な原因と、たるみ始めてしまったを改善してハリを取り戻すために実施してほしいことを紹介したいと思います。


ハリが無くなってしまう主な原因3つ

チェック

加齢によって徐々に体がたるんでハリが無くなってくるのは、なんとなく筋肉の衰えによるものというイメージがあると思いますが、実はそれだけではありません。


ハリが無くなる原因としては、


  • 加齢による表情筋の衰え
  • 紫外線や加齢の影響によるコラーゲン減少
  • 肌の乾燥

という3つが挙げられます。


また、これらは加齢により起こりやすくなるため、肌のハリを失なってしまう原因としてほぼ同時に起こっていると考えて良いです。


若い時は、表情筋がしっかりと肌の下の皮下脂肪を支えているため、ピンとしたハリを保つことができるのですが、加齢により表情筋が衰えてくると、うまく皮下脂肪を支えられず下垂してしまい、肌のたるみを起こします。


体内で生成されるコラーゲンの約4割は皮膚にあり、ベッドに例えるとマットレスのスプリングのようなもので、これが皮膚の弾力を保つ役割を果たしています。


コラーゲンの生成量は加齢により減少していきます。


また、加齢により皮膚のターンオーバーのペースが落ちると、コラーゲンも長く皮膚にとどまることになるのですが、その間、紫外線などの外的刺激や活性酸素によるダメージを受けると、コラーゲンは変性を起こして固くなり、弾力性と柔軟性を欠くようになり、ふっくらとした肌のハリを失ってしまいます。


水分量が不足し、乾燥してしまっている肌は、皮膚の機能が落ちてターンオーバーがうまく行なわれないため、古い角質が表皮を覆いやすくなり、角質層のバリア機能も低下し、水分を失いやすくなっています。


古い角質が溜まっている状態のままスキンケアをしても、保湿剤の浸透は妨げられてしまうので、皮膚のハリの改善にはなかなかつながりません。


また、角質層が枯渇している状況下では、膨らみを失った細胞と細胞との間に隙間ができてしまい、紫外線からうまくガードできず、コラーゲンの変性を招いた後には、ターンオーバーの遅さで固くなったコラーゲンを長らく肌にとどめて肌の正常なハリを失わせてしまいます。


ハリを取り戻すためにどんなことをしたらいい?

やるべきこと

ハリを改善するために必要なことは、原因として挙げた3つのことを改善するようにすればいいのです。


具体的には


  • 表情筋を鍛える
  • 紫外線対策
  • 保湿(水分を閉じ込める)

一番簡単なようで難しい方法から書きますが、第一に表情筋を鍛えるという方法です。


常日頃、感情豊かな女性ならにっこり笑ったり、目をまん丸にして驚いたり、口を膨らませて怒ったりするかもしれないですね。


けれど社会人ともなれば、そうそう表情豊かでいられるはずありません。


そのために、朝、鏡の前で目を大きく開けたり、声に出さないで「ア・エ・イ・エ・オ・ア・オ」などと唇を大きく動かします。


夜は、化粧を落としたあとにマッサージをします。


肌を痛めないように、マッサージクリーム代わりの保湿クリームを塗って、指の腹で下から上にを基本として柔らかく指を肌に這わせます。


テレビで見た方法ですが、口の中と外で肌を挟み、マッサージする方法もあるようです。


二番目に紫外線対策ですが、これはもうUVカットのクリームを必ず露出しているところに塗るしかありません。


外出時には必ず帽子を被って手袋をはめ、日傘をさしたところで、家事でベランダに洗濯を干すとき、ゴミを出すときなど、効果ないからです。


UVの数字が高いほど安心するのは、単純すぎるとは思いますが、できるなら数字の高いもの、そして値段の比較的安いもので気兼ねなく塗れる商品を選んでいます。


三番目に品質の良い保湿クリームを手に入れることが大切です。


肌に水分を封じ込める、しっとりとした肌を保つものといえば、いろいろなメーカーが競って商品を出しています。


ただ、同じ効果があるとしても、つけ心地がべたべたしていたり、すぐに乾燥してしまったりするので、自分にあったものを探し求めて安定して使えるようにすることが大切です。


その商品が途切れることなく手に入り、いつも使えて値段もそれほど高くなく、しかも保湿力がとてもよくて、いつのまにか肌のハリが改善しているということになれば、最高だと思います。


以上、表情筋を朝夕に鍛え、UVカットのクリームを塗り、保湿クリームを塗る、これで肌のハリは改善できます。


肌のハリが無い原因とハリを取り戻すために必要なこと関連ページ

乾燥肌
年齢とともに感じるようになる肌トラブルの中でも、最も多くの方が悩まさせるのが乾燥肌でしょう。そこで、適切なケアをするためにも、乾燥肌の原因と対策について紹介します。
くすみ
肌にくすみがあると、どうしても若々しさが無くなってしまうものです。そのため、できることならいつまでも透明感のある肌を保ちたいですよね。そこで、くすみ原因やくすみを改善するための対策方法を紹介したいと思います。
肌のキメが粗い
年齢を重ねると肌にツヤが無くなったように見えてきますが、これはいわゆる肌のキメが粗くなってきたからです。キメの整った若々しい綺麗な肌になるためにも必要な改善を実施していく必要があるのです。